アイの日記2002(10)

乾燥葉(1)

乾燥葉を使っての藍染には、発酵させたすくもによるもの、またアルカリ建てによるものがよく行われる。
いずれも時間と手間がかかる。

今回は、昨年失敗した「アイの絵本」の方法に再度挑戦。

昨年の反省をふまえ、乾燥葉は一番刈りのもの、さらにハイドロサルファイトナトリウムは新たに購入したものを使用した。

乾燥中の藍 乾燥した藍
乾燥中の藍
乾燥した藍

にもかかわらず、またまた失敗。
原因がわからない。

インターネットで調べてみるが、「アイの絵本」の方法は一件も出ていない。(Google、「藍・乾燥葉」で検索、アルカリ建てによるものは2〜3あった)

試しと言うことで、少量(1/10)で行ったのが原因かもしれない。また、アルミ鍋が影響したこともひょっとしたらあり得る。あと考えられるのは、pHぐらい。最後の挑戦を来週します。

(2002/9/6、TAKA)

「藍の館」再び種まき・発芽藍の成長藍の一番刈りたたき染め生葉染め(1)生葉染め(2)生葉染め(3)本格的藍染|乾燥葉(1)|乾燥葉(2)乾燥葉(3)最終回
アイの日記2001藍いろいろ(藍色)
トップページへ