アイの日記2002(9)

本格的藍染

生葉染めは大成功したが、どうしてもできないことがある。
葉藍の発酵、すくもの生成である。(できるかもしれない)

「藍の館」で、研究がてらに本格的藍染も体験した。(30cm角のハンカチの染色体験が500円)

絞り染めなど10タイプ程度から選ぶことができる。色見本がほしかったので、5段階のグラデーション染めを選んだ。
・ハンカチを5つに折り、アイロンで印を付ける
・弓状の竹にハンカチを付け、藍瓶に全体を漬ける(1分程度、写真左)
・30秒程度空気にさらす(写真中)
・最下部のみを、漬け・さらす(4回)
・下から2番目の所まで、漬け・さらす(3回)
・下から3番目、4番目と、漬け・さらす(写真右)  
・水洗い・アイロンで完成

いよいよ染色 徐々にグラデーションが 最後の仕上げ
いよいよ染色
徐々にグラデーションが
最後の仕上げ
予想以上のものができあがった。見事なグラデーションで作業場にあった色見本とほとんど一致した。

複数回の染めによる色の変化 いったん全体を染めた後、下部から順に染めていくのが始めわからなかったが、染色していくうち疑問ははれた。アイロンの目印が見にくいのだ。上から染めていくとたぶんほとんど見えないだろう。

一緒に行った次男は、握り絞り染めにトライ。マーブル状の模様に感激していた。

20〜30分程度の嬉しくなるような体験。宝物ができたような気がしました。

(2002/8/31、TAKA)

「藍の館」再び種まき・発芽藍の成長藍の一番刈りたたき染め生葉染め(1)生葉染め(2)生葉染め(3)|本格的藍染|乾燥葉(1)乾燥葉(2)乾燥葉(3)最終回
アイの日記2001藍いろいろ(藍色)
トップページへ