アイの日記2003(2)

定植と発送

藍の苗 プランターに蒔いたアイの種は、どんどん成長。もやし状況だ!

別のプランターや後で述べる発送のためポットに移植するが、ほとんど減らない。やはり、直植えの畑が必要だ。

昨年まで植えていた場所は、転勤のため使えないので、新たな土地探し。日当たりと水回りが必要。そしてせっかく育てているので、人目に付くところがベター。

そして目を付けたのが、写真右下。芝が植わっていたが退場してもらい、元肥に油かす、さらに秘密兵器として短くなったチョーク(効果のほどはわからない)。元肥から10日ほどしてから、定植した(写真左下)。

「アイの園」予定地 藍の定植

「アイの園」は、昨年までに比べると1/3程度になったが、実験的な染色と種取りはできそうだ。でも苗は、まだ大量に残っている・・・。


さてもう一つの問題、苗の発送。金沢のM川さんが待っている。
シュレッダの紙くずで固定すれば、なんとか送れそうと思いつき、せっせと準備しているところに、○ネコさんがたまたま来たので相談したところ、

「ポットを固定すれば、大丈夫。箱もフタなしでOK」

とのこと。

発送する藍の苗 発送用の箱 苗のパッキング
発送する藍の苗
発送用の箱
苗のパッキング
○川さんの電話番号がわからず、○ネコの発送拒否(料金着払いのためか)等トラブルもあったが、先日やっと金沢○川さんの手元に無事届いたようだ。(○川さん、経過報告お願いします)

数百粒から始まった「アイの日記」、全国にアイの輪が広がっている。

※藍の苗、かなりあります。ほしい人連絡ください。(取りに来ていただけると幸いです。)

(2003/6/14、TAKA)

「アイの日記」再び?|定植と発送|成長と一番刈り一番刈りと乾燥アイの種

「藍の館」再び|種まき・発芽|藍の成長藍の一番刈りたたき染め生葉染め(1)生葉染め(2)生葉染め(3)本格的藍染乾燥葉(1)乾燥葉(2)乾燥葉(3)最終回

アイの日記2001
トップページへ