アイの日記2004(1) 藍の看板

こぼれ種

 放りっぱなしにしていた藍畑。そろそろ準備と、草を抜いていてびっくり。なんと藍の芽らしきものが顔を出している。こぼれ種のようだ。しばらく様子を見ることにする。

 倒れていた藍の看板を掃除し、再び設置。藍畑は、昨年の1.5倍程度に広げ、元肥の油かすを施す。プランター2基には、種蒔き。去年より2週間以上早い。

 こぼれ種の藍は、本葉を出した。間違いない。まばらに出ているので3本ずつ程度にまとめて移植した方がよいかもしれない。

こぼれ種の藍の芽 そろそろ移植か

 プランターに蒔いた藍も、先日やっと芽を出した。今年は、きちんともみ殻を取らなかったためか種が水に流され、プランターの縁の方に片寄ってしまった。

 もやしのような藍の芽を接写してみたので、見て下さい(下の写真右)。

プランター2基に出た藍の芽 縁に片寄っている
接写してみた

(2004/4/4、TAKA)

もやし状態移植そして配布藍の育て方青森に宅配一番刈りと発見!藍染め体験(東高祭)苛性ソーダーによる藍建て藍染め最終回おまけ(ろうけつ染め)季節はずれの藍の花
「藍の館」再々び(アイの日記2003)「藍の館」再び(アイの日記2002)アイの日記2001

トップページへ