アイの日記2004(9) ろうけつ染めののれん

おまけ(ろうけつ染め)

 愛知県のpanchiさんからメールを頂いきました。「ろうけつ染めをやられたようですが、どんなろうを使ったのか、ろうを落とすときのやり方など・・・」というものです。panchiさんは、小学校で子ども達と藍染めを楽しんでいるそうです。

 TAKAは、これまでろうけつ染めは4回しかやったことがありません。全くの素人ですが、子ども達が喜んで藍の栽培、染色をしているのを知り、前回の「ろうけつ染め」の言葉足らず(ろうの種類や落とし方に触れてなかった)の所、また書道のN宮先生から仕入れた情報をまとめてみます。(重複する所がありますが・・・。)

必要なもの

カセットコンロでろうを溶かした 印刷物をろうで絵取る ろうけつ染めしたシャツ

手順


 藍の文字は、ワープロで印刷(古印体)した紙を布の下に敷き、絵取りました。
 大型の手芸店でろうけつ染め用のワックス(ろうの代わり)を売っているそうです。
 ろうの部分は、染色前に意図的に割ると味がでます。
 化学染料でも当然ろうけつ染めはできますが、染色時に加熱を要するものはろうが溶けることがあります。

※アイの種、無料で差し上げます。藍を育てたり、染色をしたい方メールをください。

(2004/10/16、TAKA)

こぼれ種もやし状態移植そして配布青森に宅配一番刈りと発見!藍染め体験実施(東高祭)苛性ソーダーによる藍建て藍染め最終回季節はずれの藍の花
アイの日記2003「藍の館」再び(アイの日記2002)アイの日記2001

トップページへ