アイの日記2005(7)

乾燥葉(生徒実験1)

ハイドロ・・・

 卒業間近な3年生と一緒に乾燥葉による染色を楽しもう(*^_^*)
 乾燥葉は昨年と今年収穫したものが400g程度ある。 後は炭酸ナトリウムとハイドロサルファイトナトリウム(舌を咬みそうなので仕方なくハイドロと略す)。 炭酸ナトリウムは薬品庫ですぐに発見、問題のハイドロも隅でホコリをかぶっているのがあった。

 「アイの日記」の乾燥葉(1)〜(3)をみながら、乾燥葉5gで試すが、染液の表面が青くならない。染まる気配もない。 いつものハイドロの劣化と考え、どこかにしまい込んでいた「みやこ染め脱色剤」(30g入り)を探しだし、同様に試したところうまく染色できた。

 手持ちの「みやこ染め脱色剤」では20名の実験に足らないので手に入れる必要があるが、4年前も購入するのに手こずった。数軒の薬局廻りでやっとだった。 大きい薬局2〜3に電話するが置いていないどころかあの有名な「みやこ染め」さえ知らない(-_-;)

脱色剤  ならば手芸店と、これまた大手のDリームに来店。残念ながら店員は「みやこ染め」を知らない。「髪の脱色ですか?」とトンチンカンな返事(-_-;)

 リット(アメリカの染料メーカー)の脱色剤を紹介されるが、それには成分表示がない。親切な店員さんが電話で発売元に照会するが、やや不安な返事。ハイドロが主成分らしいが多の成分が不明。 さらに数件の薬局を廻る羽目となったが、どこにも「みやこ染め脱色剤」はない。結局Dリームの染料コーナーに・・・。

 発見しました!!

 「みやこ染め脱色剤」ではないが、「COLOR RUN REMOVER」(DYLON)。パッケージにハイドロサルファイト(還元系)と成分表示がある。 あの親切な店員さんが見落としていたようだ。これで何とか明日の染色実験ができます。実験の様子は次回。

 ※ダイ??「COLOR RUN REMOVER」の輸入元がDYLON(ダイロン)。昔のホーロー看板が「白ダイ」。みやこ染めの発売元を確認すると、何と、「みやこ染・パラダイヤ本舗 桂屋ファイングッズ株式会社」。「ダイ」とはいったいなんだろう!?
正解は、ダイイング(dyeing):染色のことでした。

(2005/12/25、TAKA)

今年も・・・大渇水、藍畑断念!奇跡の雨ウサギと藍の花蓼食うウサギにんじん作戦|乾燥葉(生徒実験1)|乾燥葉(生徒実験2)
トップページへ