アイの日記2007(2)

種蒔きとN川先生の藍染め授業

 4月1日、やっと藍の種蒔き。E媛大の先生を真似て、今年はバーミキュライトを使用してみた。

 バーミキュライトのみでは、あまりに軽すぎて心許ないので、元々プランターにあった泥と1:1程度に混ぜ、その上に種蒔き。 表面が乾きやすいので、5mm程度バーミキュライトで覆ってみた。

 藍ランド(下左写真)は、油かすを施し準備完了しているので、5月上旬頃定植できるだろう。

藍らんど、スタート(2月) 生徒と染色


 3月中旬、N川先生が藍染めの授業をした。先生自身、藍染めは初めてであったが、入念な準備のもとわかりやすく楽しい実験であった。 次々と染められた布は、化学教室の窓ガラスに飾られた。他の生徒の作品に刺激を受け、2度3度と染色に挑戦する者もいた。

 
シーツ地  綿ネル 


 生徒の作品を見ていて、あることに気がついた。染まり具合が薄いものと濃いものの2種類ある。 生徒に確認したが、染めの回数ではないようだ。

 布が違っていた。薄く染まっているのは、シーツ地。濃く染まっているのは綿ネル(片面起毛)。 原因は全く不明だ。布による発色の違いは、今年のテーマにしたい。

(2007/4/1、TAKA)

アイの日記2007年|アイの日記2007、スタート|種蒔きと藍染め|種を求めて。藍の館と技の館(1)種を求めて。藍の館と技の館(2)
アイの日記2006年さらば藍畑藍らんど藍らんど(2)なめとーる藍らんど(3)久々の藍の館藍らんど(4)まもなく藍の種収穫藍の種、発送

トップページへ