アイの日記2007(3)

種を求めて。藍の館と技の館(1)

藍の館の入り口  3週間前に種蒔きしたプランターをのぞき込むが、ほとんど芽が出ていない。 例年なら、もやし状態になっているはずだが、全部で10本程度。 これでは今年のアイの日記は継続不可能だ!

 発芽しない原因がよくわからない。種巻き用の用土に、今年はじめて試みたバーミキュライトがよくなかったのか、はたまた種の保存用に使用したプラスチックのガムケース(密閉度がよすぎる?)が原因したのか。

 気候の関係等で、種そのものがよくなかったとすれば、あちこちに発送したした藍の種も発芽率が悪いかもしれない。 (「藍の種」を今年送らせて頂いた方、様子を連絡して頂ければ幸いです。もし発芽率が悪かったらごめんなさい。)

 とにかく何とかしなければと、再々々々々び(何度目かわからなくなった)「藍の館」に向かった。


藍の種、300円  藍住I.Cを降りると、道の様子が変わっている。これまでも何度か迷っているが、感のみで走り、何とか到着。 入館料300円×2を支払い、懐かしい旧奥村家の内部を少し見学。気のせいか、例年より客が多い。

 染色コーナーで体験している人が、結構いたのでしばらく待ち(実は只で種を貰おうと考えていたので)、おそるおそる係の人に話しかけた。

 責任者が今日はいない。去年は天候不順のため種があまり穫れなかった。役場に行けば貰えるかもしれない・・・。 結局「藍の種、只作戦」は失敗に終わり、「藍の館」前にある売店「おくむら」(「藍の館」とは無関係らしい)で300円の種を購入。 これで何とか今年も「アイの日記」が継続できそうだ。(技の館は次週だ!)

(2007/4/22、TAKA)

アイの日記2007年|アイの日記2007、スタート種蒔きと藍染め|種を求めて。藍の館と技の館(1)|種を求めて。藍の館と技の館(2)
アイの日記2006年さらば藍畑藍らんど藍らんど(2)なめとーる藍らんど(3)久々の藍の館藍らんど(4)まもなく藍の種収穫藍の種、発送

トップページへ