アイの日記>アイの日記2001(その5)
小上粉白花

藍の花

 待望の藍の花が咲きました(家のプランター)。「藍の館」で購入したポストカードは赤い花ですが、咲いたのはなぜか白い可憐な花です。

 1週間後、学校で育てている藍にも花が咲きました。なんと赤い花(赤といっても花の先端のみが薄いピンク)です。「アイの絵本」で調べると、タデ藍の品種には「小上粉」(こじょうこ)「百貫」等があり、現在主に栽培されているのは、「小上粉」(赤花種、白花種がある)のようです。
小上粉赤花

 更に「アイの絵本」をよく見ると、「一番刈り」という不可解な文字・・・

 ななななんと「一番刈り」の葉を乾燥させたものがうまく染まるんだそうです。(^_^;)
 さらに花が咲いた後はきれいに染まらない・・・とも。 !(^^)!

 とにかくチャレンジしてみます。
 次回、生葉と乾燥葉(水切れで枯れたもの)で一応染めた結果を報告します。

(2001/9/30、TAKA)



アイの日記(その1)(その2)(その3)(その4)|(その5)|(その6)(その7)(その8)
おまけおまけ(その2)最終回

トップページへ