科学の色>焼き入れ

鏡面仕上げ(4)

 青棒で仕上げたチタン板。完璧とはいかないものの、まずまず。 鏡面仕上げには、このあとベンガラや酸化セリウムによる研磨があるようだが、美しいチタン焼きが目的なのでこの辺で妥協する(^_^;)

 さて問題の焼き入れ。(これまで学校のバーナーを借りて焼いていたが、パワートーチを購入(1500円程度)した。) レンガの上にチタン板を置き、恐る恐る右側から加熱。

 なるべくグラデーションをつけたかったので、左半分はほとんど加熱せず、右端は赤くなるまで焼いてみた。

鏡面仕上げのチタン板の焼き入れ


 左からチタンの金属光沢、金色、橙、赤、赤紫、青紫、青、水色、そして再び金属光沢(0次と1次の間隙、シャボン玉では黒い膜となる)。 以下、段々とくすんでくるが、6回程度の繰り返しも見られた。

 後は色のコントロールであるが、前にも述べたとおりかなりのテクニックを要するというより、電気分解等を用いなければ、不可能かもしれない。

 焼きの練習がてらに、タイピンを製作(下写真)してみた。タイピン台は、百均。焼いたチタン板を貼り付けるため、上面を平らにして瞬間接着剤を用いた。 パワートーチの火力を抑えめにして、グラデーションは1回のみとした。

チタン焼きタイピン チタン焼きタイピン


 右端をチタンブルーで止めようと試みたが、焼きすぎて白くなってしまった。

(2009/8/23、TAKA)

ステンレスのホタル!?ステンレスの焼き入れチタンコートチタンの焼き入れ鏡面仕上げ(1)鏡面仕上げ(2)鏡面仕上げ(3)|鏡面仕上げ(4)|オーロラマーブル


トップページへ